トップページ > うるおい青汁を紹介!

うるおい青汁を紹介!

画像

美は女性にとって人生最大のテーマと言っても過言ではないほどに大切なものでしょう。

そして、実は美容は健康と密接な関係にあると考えられています。そんな考えをもとに、今おおきな注目を集めているのが「アンチエイジング」です。

アンチエイジングは日本語にすれば「若返り」を意味していて、文字通り、肌の老化を抑制して若返らせることを指します。

そんなアンチエイジングに効果を発揮すると考えられているのが、
日本を代表する健康食品である「青汁」です。

うるおい青汁はそんなアンチエイジングへの効果を謳っている青汁ですが、その効果のほどは実際はどうなのでしょうか?
ここでは、それを検討していきたいと思います。

うるおい青汁のメリットを検証

うるおい画像
うるおい青汁の魅力のひとつに「飲みやすい」というポイントが挙げられるでしょう。 そもそも青汁は苦い・マズイというイメージを抱かれがちですが、それは原材料によって大きく左右される問題でもあります。 うるおい青汁の原材料は、クセや苦味の少ない大麦若葉と8種類以上のフルーツです。 その為、飲み口は甘く美味しいと感じる人も多いでしょう。

しかし、その反面で有効成分が十分配合されているかどうかは疑問。
例えば、えがおの青汁満菜と比べると、効果は感じにくいのは事実。
(もちろん効果の感じ方に個人差はあるかも知れません。)
うるおい画像
青汁でしっかりと効果を感じるためには、どんな製品でも継続的に摂取するのが必要不可欠な条件になってきます。 そこでポイントになるのが「コストパフォーマンス」です。
うるおい青汁の一杯あたりの値段は缶ジュースと同じくらいですから、経済的な負担も少ないと言えるかも知れません。

しかし、実はうるおい青汁以外にもコストパフォーマンスの高い製品は沢山あります。

効果・効能や使用されている原材料なども考えるとえがおの青汁満菜の方が優れていると思います。
こちらも味は美味しいですね。

うるおい青汁を飲んだ感想・体験談などを紹介!

思っていたよりも美味しいってい
う訳でもありませんでした。
むしろ中途半端に酸味があって・・・
なおかつ青みがあるので私は苦手です。
他のにしとけばよかった・・・
33歳・Tさん
肌が少しもキレイになればと思って
飲み始めたのですが、余り効かない…
相性もあると思いますが、どうもダメ。
今はえがおの青汁満菜を使用中です。
こちらは効果もちゃんと感じています!
41歳・Mさん

原材料をご紹介
画像
大麦若葉

大麦がまだ若い段階で収穫したのが大麦若葉。
クセがなく苦味が殆どない為、非常に飲み口が良いのが大きなポイントとして挙げられます。

特有成分のSOD酵素は、アンチエイジングに絶大な効果を発揮する抗酸化物質として知られています。

この他にもカルシウム、鉄、亜鉛などのミネラルやβ-カロテン、ビタミンB1などのミネラル類も豊富に含んでいる非常に優秀な素材です。

大麦若葉を使用している青汁には下記が挙げられます。
えがおの青汁満菜
極の青汁
同じ大麦若葉が原料であっても、うるおい青汁より上記がおすすめです。

ローズヒップ

ローズヒップは美容に作用することがわかってきたハーブの一種。
バラ科の果実の総称で、レモンの数十倍にも及ぶビタミンCを含みます。
その為、強力な抗酸化力でアンチエイジングをサポートするだけでなく、
免疫力アップ機能でウイルスから身体を守る効果もあります。

アサイー

アサイーはアマゾンに自生しているブラジルの奇跡とも呼ばれている非常に強力な抗酸化作用を持ったフルーツです。

血管や粘膜、骨の健康に大きく貢献すると考えられており、それ故にスポーツ選手や美容意識の高い女性に絶大な人気があります。
食物繊維やカルシウム、ポリフェノールなどの成分を豊富に含みます。

カムカム

カムカムはアマゾンの厳しい環境のなかで育つ果実です。
世界でもっとも豊富にビタミンCを含むフルーツとして知られます。
クエン酸やビタミンB群をはじめ、様々なミネラルも含有しています。

美肌を作り出してくれる効果の他にも、疲労回復の機能があります。
コレステロール値を下げることから、生活習慣病の予防にも効果アリ!

その他の原料

プルーン、ラズベリー、椿朱子エキス、大豆セラミドなど

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.