トップページ > すやっと青汁

青汁とローヤルゼリーの相乗効果

ローヤルゼリーは女王蜂の栄養源であることは有名です。
生後間もなくからローヤルゼリーを食べ続けるからこそ、生後数日しか食べることのできない働き蜂ではなく女王蜂となるのです。
働き蜂も生後3から4日間はそれを食べていることはあまり知られていませんが、その数日の間に女王蜂が選定されているのです。
一つの巣穴から限られた量しかとることが出来ないこと、又栄養が豊富であり、美肌、強壮に効果があることから、昔から今でも珍重されています。
人工で化学成分を合成できないか、と言えばタンパク質、脂質、糖質、ビタミンB群を豊富に含む複数種類のビタミン類とミネラルが主要栄養素ですので、不可能なことではありません。
しかし自然由来の食品は、一度に多くの栄養分をバランスよく含んでおり、特に必須アミノ酸9種類とアミノ酸13種類が効果的に身体に取り込まれる為に必要な、ビタミンや糖質も過不足なく揃っている係る食品については、敢えて人工的に類似のものを作るよりも、自然の恩恵を食品として身体に摂取する方が、その特権的な食品であるというプレミアをより強く感じ、食品の栄養効果を強く実感できる事は明白です。
青汁にはローヤルゼリーを配合している製品があります。
係る特権的な栄養素を配合した青汁は、通常植物原材料からのみ製造された製品よりも高額です。
しかし人気があるのは、クロロフィルや食物繊維を補うことはできても、タンパク源を含まないことに、物足りなさを感じる利用者が多いことも理由の一つではありますが、他の滋養強壮剤や活力剤、美肌効果を期待するサプリメントを別に購入し、飲食するよりは経済的な負担が軽くて済むから、という理由も大きいのです。
プロポリスも蜂の作り出す食品として人気が高いですが、両者とも自然由来の成分であり、植物との関係が深い昆虫の栄養には、抗菌作用や多種類アミノ酸だけではない、何か良いものが含まれているような、錯覚というかそのような気分にさせるパワーがあります。
通常の食事が野菜や肉類、魚類、穀物という自然のものを頂くのは、栄養を得る以外に自然の素材が持つ生きる力を得ることと同意味であるのは、一般的にも知られていることです。
ビタミン剤やアミノ酸類、ミネラルを摂取していれば、生命を維持することはできますが、活き活きとした覇気が無くなります。
社会で生きることは単に生命を維持するだけのことを意味するものでは、決してありません。
自分を活かす為のエネルギーは動植物を問わず生き物から得るのです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.