トップページ > すやっと青汁

青汁の原料、成分、楽しみ方についての論文

青汁はケールというアブラナ科のキャベツに一種を原料を元にして作っています。
このケールの主な原産地は熊本、島根、北海道等、海外では南ヨーロッパの地中海沿岸から中近東まで比較的暖かい気候の地域で一年中栽培されています。
ケールの主な成分はカリウム、カロテン、ビタミンK、C、E等、数多く含まれており健康にとても良いことが学術的にも論文で証明されています。
具体的にはアリルイソチオシアネートというアブラナ科の植物に含まれる辛味成分に抗菌、抗ガン作用があり血栓防止作用もあります。
またグルコシノレート呼ばれる成分も含まれており発ガン性物質を体の外に排出する働きをしてくれます。
食物繊維も多く含まれており血糖値を抑えてくれて糖尿病の予防にも効果があります。
青汁はこのケールを粉末に加工して作られており、水またはお湯で溶かして飲むのが一般的です。
冷凍されてあるものもあり、その場合は自然解凍か水またはぬるま湯で解凍すれば楽しめます。
味は夏に収穫されたケールは甘味が強く、冬に収穫されたケールは苦味が特徴でどちらもとても美味しいです。
またカロリーも水160mlで作った場合10Kcal前後と低く、同じ量の野菜ジュースを飲んだ場合だと50Kcalと高くダイエットにもオススメです。
次は粉末上にしてあるもののアレンジ方法を紹介したいと思います。
まずは簡単な美味しい飲み方のバリエーションを紹介します。
作る時に水やお湯ではなく、牛乳やヨーグルトを使ってみると味がマイルドになりとてもおいしくなります。
また牛乳にオリゴ糖を加えると便秘にも効果があります。
さらに牛乳をベースに作ったものにバナナ、卵を加えミキサーで混ぜるとバナナシェイクも出来ます。
その他にもフルーツジュース、豆乳、レモンサイダー等々飲み方だけでも数多くのアレンジの仕方があります。
また料理やお菓子にも使えます。
粉末上にしてあるものとちりめんじゃこ、昆布、ごま等を加えてふりかけにしてみたり、めんつゆに粉末上になっているものと炒りごま入れてめんつゆも作ることが出来ます。
お菓子を作る場合はビスケット、クッキーパンケーキ等にも使えます。
これなら苦みが苦手な小さなお子様でも健康に良く栄養価も高い青汁を楽しんで頂けると思います。
飲むだけではなく料理やお菓子、またお子様のおやつにも使えてとても便利です。
このように青汁は論文で健康に良いことが証明されて今や日本の代表的な健康食品として老若男女問わず様々なお客様に愛され健康に一役買っております。

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.