トップページ > すやっと青汁

粉末タイプではなく冷凍タイプの青汁を選ぶ良さ

粉末タイプは、あらゆる健康食品で人気を集めています。
青汁にかぎっていえば、粉末タイプだけでなく、冷凍タイプにもぜひ目を向けるべきです。
なぜなら、粉末タイプに多くの人気が集まる理由があるように、凍ったタイプにも独特の注目すべき理由が隠されているからです。
凍ったタイプの良さを知る前に、双方の違いを理解しておきます。
基本的に、粉末タイプは完全に粉末にしてあったり、粒子状にしてあったりと、乾燥させたサラサラの状態であることがほとんどです。
一方、凍ったタイプで販売されているものは、水っぽさが残っているようなレトルト的なもの、あるいはゼリー状ではなく、完全に凍って固まった状態で販売されるのが一般的です。
次に、粉末タイプの人気の理由を探ります。
粉末タイプは、簡単にできたてを飲むことができます。
さらに、粉末タイプならではの良さとして、ドリンク以外の活用方法が楽しめる点が挙げられます。
葉っぱを収穫して、ミキサーなどでドリンクを作った場合、そのまま飲むのが一番ですが、粉末タイプだと、ヨーグルトに混ぜたり、はちみつやほかの素材と組み合わせてオリジナルドリンクを開発したりすることができ、さらにはケーキなどのお菓子にも活用できます。
では、冷凍タイプの青汁に、はたして粉末タイプと肩を並べられるほどの良さがあるのか、真相をご紹介します。
凍った状態で届けられるため、保存方法としては粉末タイプより配慮が必要ですが、その分得られる新鮮さというメリットは大きいです。
急速で凍らせてあるため、鮮度がすぐれており、栄養度も期待できます。
さらに、自然そのまワの味を楽しむことができるのも、凍ったタイプならではの良さといえます。
シンプルな加工ではなく、複雑・特殊な加工を製造工程に要するタイプだと、どうしても別途成分を添加せざるを得ないこともありますが、一般家庭の普段の調理方法でも用いられることがある冷凍テクニックというのは、シンプルであるゆえに、別途添加するものも最小限に抑えられるため、取れたての青汁の味を楽しみやすいわけです。
粉末タイプのほうが、持ち運びが便利だったり、思いたったときすぐ飲むことができたりと、利便性が高いのではと思われがちですが、凍ったタイプも負けていません。
持ち運びは、保冷剤や保存袋などを活用すれば、十分可能ですし、何よりそのまま自然解凍させることで、水を加えたり、粉を溶かしたりする手間なく、簡単に飲むことさえできてしまいます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.