トップページ > すやっと青汁

妊娠・妊婦に必要な葉酸を青汁で手軽に摂取

葉酸は、最近になって妊娠初期にとったほうが良いとされ、沢山の妊婦さんたちの注目を浴びています。
成分としては、ビタミンB9やビタミンM、プロテイングルサタミン酸とも呼ばれ、水溶性ビタミンという生理活性物質に分類されます。
これを妊娠初期から五ヶ月間摂ることが重要とされ、手軽に摂取できるサプリメントなどか話題を読んでいるのです。
水溶性のため、食材を調理する際溶け出してしまう性質があり、摂取するのは大変です。
そこで、期待されているのが青汁なのです。
なぜ、妊婦に葉酸が必要なのかというと、葉酸不足になると、お腹の中の胎児に神経官閉鎖障害を発症する恐れがあるためです。
この神経官閉鎖障害というものは一体どんな障害かというと、赤ちゃんの神経官が閉鎖してしまうという障害で、具体的には、頭蓋骨が形成されなかったり、神経組織が障害されてしまい、腸や膀胱などの直腸機能が失われるなどの非常に危険な症例なのです。
この、神経官閉鎖障害を発症すると、死産や流産の割合も格段に高くなりますBこういう事例から、妊婦には必要不可欠な成分だと重要視されているのです。
もちろん、摂取しないからといって、全てがこの障害が発症するわけではありませんが、あくまでリスクを軽減するのに必要な成分だと言えます。
さて、この葉酸という成分は、どのような食材に含まれているでしょうか。
葉っぱの酸と書くくらいなので、主にほうれん草や、モロヘイヤ、それに枝豆などにも含まれています。
野菜だけでなく、鶏レバーや牛レバーなどの動物性食品にも多く含まれています。
一日にどのくらい摂取すればよいかというと、目安として、一日400μg(マイクログラム)とされています。
具体的にはどのくらいかというと、ほうれん草であれば、一日400g相当、納豆であれば一日8パックという途方もない量になってしまいます。
この量を毎日摂るというのは、なかなか難しく、多くの方が実践できない場合が多いのではないでしょうか。
ほうれん草にしても、調理の際、水に溶けてしまうため、スープにするのであればスープごと取らなければなりません。
そこで青汁の出番となるのです。
今や、青汁も様々な企業が販売しており、その多くはネット販売やテレビショッピングなどでよく見かけます。
販売元により、栄養分に差をつけて、独自のキャッチコピーがあるものが多いですが、基本的に続けやすいとされているのが、美味しく飲めるという味の部分が評価される対象となっているようです。
過度の摂り過ぎもよくない為、あくまで適度な摂取が、健康な赤ちゃんを産める秘訣のようです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.