トップページ > すやっと青汁

青汁と同じように目に効果のある成分とその働き

ぼやけるや乾く、すぐにピントが合わない、ゴロゴロする、疲れるといった見え方の変化や目の違和感といったさまざまな症状を防ぐには、目に良いとされてる成分を摂ることが重要になります。
特に現在の環境はパソコンや携帯電話といった近くを見続けるため、見るということに対して酷使している環境だとも言えます。
見る健康に欠かせない成分があります。
まず加齢に伴うトラブルから見る健康を守る成分がルテインとアスタキサンチンになります。
見るエイジングケアとも言われているルテインは、ほうれん草といった緑黄色野菜に含まれる成分になります。
水晶体や黄斑部にも含まれている成分になります。
このルテインが豊富に含まれているのが青汁になります。
そして青汁には豊富な抗酸化成分が含まれているため、青色の光を吸収し、活性酸素にアプローチして戦う働きがあります。
青汁に豊富に含まれている抗酸化成分は、ブルーベリーにも含まれています。
ブルーベリーは見る健康に幅広く働く作用があります。
疲れ目やドライアイといった見る健康の基本的な成分になります。
それはブルーベリーの青紫の色素アントシアニンが見る健康に深く関わっているからです。
使いすぎによる疲れに働きかける成分になります。
アントシアニンは水溶性のポリフェノールによる成分の一つです。
ポリフェノールは、植物が自らの身を守るためにつくり出した高い抗酸化成分になります。
その高い抗酸化成分が見る健康を守ります。
そしてブルーベリーにも青汁と同様の成分であるこの高い抗酸化成分も含んでいます。
ブルーベリーに含まれているアントシアニンは、高い抗酸化作用で見るための筋肉疲労を緩和して、視力向上に役に立ちます。
次に使い過ぎをいたわり、快適な見え方をサポートするのが、黒大豆種皮になります。
黒大豆種皮にはシアニジン系のアントシアニンをブルーベリー以上に多く含んでいます。
そして視覚からの情報伝達に働きかける成分になります。
DHAはルテインと同様、目に多く含まれる成分になります。
マグロやイワシといった青魚に多く含まれる成分になります。
網膜や視神経にも存在します。
そしてスムーズな情報伝達やうるおいに欠かせない成分になります。
しかし見る健康を守る成分の中には、加齢ととも減少したり、体内でつくることができない成分もあります。
バランスの良い食生活が基本になりますが、さまざまな成分を効率よく摂ることができる健康食品やドリンクやサプリメントを活用することもできます。
そして見る健康を守ることができます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.