トップページ > すやっと青汁

青汁に含まれるメラトニンナ快適な睡眠を

メラトニン自体は最近発見された物質で、寝ている間に人間の脳から分泌される物質です。
良質の睡眠を得ることができる物質です。
もともと人間は昼間起きて、夜に寝るようにホルモンバランスができているのですが、現代社会ではそうはいかず睡眠不足や良い睡眠が取れないことがあります。
良質の睡眠とは短い時間の睡眠でも、長時間の睡眠に匹敵できる睡眠のことです。
摂取したからといって眠くなるわけではありません。
良い睡眠を得るためには夕方以降に摂取した方が効果的です。
それ以外にも現在では研究が進み、いろいろな効果が認められるようになってきました。
活性酸素を除去する抗酸化作用や免疫力の向上、高血圧の予防、白内障の予防など様々な効果があります。
非常に優れた物質であることからアメリカではサプリメントが発売されたのですが、あまりの効果から売り切れが続出しました。
メラトニンは人間から自然に分泌される物質なのですが、年齢とともに分泌量が減っていきます。
6歳位から早くも減少してくると言われています。
若いときには長時間寝なくても疲れが残らなかったのに、最近はいくら寝ても疲れがとれなくなってきたのは分泌が減った影響かもしれません。
サプリメントではなく、食品からもメラトニンを摂取することができます。
ケールは食品の中でも含有量が高い食品です。
含有量が多いと言われているオーツ麦の何と20倍以上の含有量を誇ります。
ケールそのものはなかなかスーパーなどの小売店で購入するのは難しい野菜です。
ケールは青汁の主要の原材料となっているため、ケールを食べるよりもケールを原材料とした青汁を飲むと良いでしょう。
ケールの青汁はたくさんのメーカーからいろいろな種類を選ぶことができます。
メラトニンを多く摂取したいのであれば、できるだけケール単独の原材料、または食品添加物や他原材料の割合がなるべく少ない商品を選ぶと良いでしょう。
ケールは栄養分が非常に豊富で、緑黄色野菜の王様とも呼ばれていますが、その分独特のにおいが苦手な人もいます。
製法によって飲みやすくなっている製品もあるため、まずはお試し価格などでこれからも続けて飲んでいける製品を探して下さい。
ミルクに溶かして飲むと飲みやすくなる上、ミルクの中の成分であるトリプトファンはセロトニンという脳内物質を作りだします。
セロトニンは睡眠ホルモンですので、相乗効果で良い睡眠をとることができるようになります。

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.