トップページ > すやっと青汁

ほうれん草で青汁を作ると飲みやすいかもしれません

青汁を作るときによく利用している材料は、ケールや大麦若葉など、よく宣伝でも聞かれる野菜を入れているのですが、なかなか苦くてのみにくいと感じることが多く、手を出せない人も多くいます。
だから、私は飲みやすい青野菜を選んで作って飲むことがあります。
特にほうれん草は苦い味もしないので、ゆでてミクサーでペースト状にしたものを牛乳や豆乳で混ぜて飲みますと、美味しく味わうことができるかと思います。
ほうれん草には鉄分が豊富に含まれていて、私のように貧血で悩んでいる人にとっては最適な野菜かと思われます。
私は肉を食べることが苦手で、鉄分を摂取することがあまりできなくて、貧血にもなりやすいため、とくに女性特有の生理前になってしまいますと体を起こすことが難しくなってしまうこともあるのです。
それから私はとても冷え性で、特に冬になりますと足の冷えに困ってしまうことがあるのです。
鉄分は、冷え性の改善や抵抗力改善にも役立ってくれるらしく、私にとっては救世主のような栄養素でもあります。
だからいろんな野菜を混ぜて青汁を作って飲むことも良いかと思いますが、食べやすい野菜だけを使ったもので作って飲むことでも栄養を取ることができるかと思います。
青汁の中では一番まろやかで飲みやすくなる野菜なのではないかと感じます。
ただ、取りたい栄養によって野菜も変わってくるかもしれません。
その場合は自分で取りたい栄養が入っている野菜はどれなのか、今ではインターネットで検索しますと簡単に調べることもできるようになってきておりますので、そのように探すことで最適な野菜が見つかるかと思います。
ほうれん草は鉄分のほかにもビタミンが豊富に含まれている野菜ではありますが、カルシウムがほかの野菜に比べて少ないそうです。
私はほかの野菜では、セロリが大好きなので、セロリを食べることがよくあります。
セロリを使って青汁にするときは、シソやパセリと混ぜてミキサーでペーストにしてはちみつと混ぜて飲みます。
セロリにはビタミン、マグネシウム、鉄分、カルシウムが含まれており、とても体に良い野菜なのです。
セロリその物をそのまま食べることもありますが、ときどきドリンクにして飲みますと、少し独特な味がしますので好みが分かれるかもしれませんが、私は結構好きな味なのでよく飲んでおります。
ただ、ほうれん草と混ぜても私は好みの味にならなかったので、飲むのであれば別に分けて飲みます。
人それぞれ味に好みがあるでしょうから自分に合った味を作ると良いかと思います。

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.