トップページ > すやっと青汁

寝起きの青汁で便秘知らずになりましょう

便秘は、女性ばかりではなく、男性にも悩んでいる人が多いものです。
なんとなくすっきりしない、下腹がぽっこりしている、という不快感は、なかなか改善されずイライラの原因になってしまうことも多々あります。
ヨーグルトや乳酸菌、便秘薬など、様々な改善策にチャレンジしては、思ったような効果が得られないという場合もあるでしょう。
野菜、とくに繊維質の多い野菜を食べるというのも有効な方法ではありますが、腸の運動が鈍い状態で繊維質ばかりを入れてしまうと、膨張するばかりでますます不快感が増す、ということもありえますので、注意しなければなりません。
お腹がすっきりしない、という簡単な症状のようですが、腸というのは、人間の生活の中で大変重要な役割を果たしているところです。
腸がきれいであるということは、肌もキレイですし、快活に健康に過ごせるということです。
腸がきれいでないということは、その逆ですから、不調の原因になるのは最もなことなのです。
お水をたくさん飲む、運動する、野菜をとる、といったことがなかなか効果となって表れない、という方に、是非ためしてみていただきたいのが青汁です。
青汁を生活に取り入れるだけで、便秘が改善する例が多いのです。
青汁は、苦く、まずいというイメージは、一昔前のものです。
いま市場に出ている青汁は、実にたくさんの種類があります。
まず、初心者の方は、飲みやすい大麦若葉やケールが多めのものを選ぶことをおすすめします。
においも味もそれほどくせがなく、スムーズにおいしく飲めますので、まずいという最初の壁を難なくクリアすることができるでしょう。
最初は、牛乳に入れて飲んだり、さらにハチミツを加えるなどすると抵抗感なく取り入れることができるでしょう。
便秘に効果をもたらすことを目的にするのであれば、寝起きに、野菜ジュースに混ぜて飲むことをおすすめします。
お水でもかまわないのですが、同時に野菜もとれるので、時間のない朝には野菜ジュースに混ぜるものがおすすめです。
朝一番に冷たいお水を飲むと腸がごろごろと動くものですが、それをこの野菜ジュースで代用するのです。
繊維質のものを食べてつまりがちだった腸も、さらさらとしたジュースであればなんなく受け入れてくれますし、膨張して苦しいということもありません。
この野菜ジュースをベースに、ヨーグルトを組み合わせたり、乳酸菌やオリゴ糖などを組み合わせてみて、自分にぴったりのものを見つけていきましょう。
きっと、辛い便秘から解放されます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.