トップページ > すやっと青汁

なぜコーヒーより青汁のほうが眠気覚ましに最適なのか

皆さんは、「青汁」はとても健康に良いということを知っているだろうか。
皆さんの想像通りに、たくさんの栄養素が含まれています。
まず、「それってなに」と思う人のために、簡単に説明していきたいと思います。
青汁というのは緑葉野菜であるケールなどの様々な野菜が含まれている。
1990年代は九州地方のみで知られているマイナーな飲み物であった。
しかし、テレビのバラエティ番組などの罰ゲームに用いられるようになり知名度が一気に全国に広まっていった。
また、その時期と同時に販売会社のCMがインパクトが大きく、注目の目が集まった。
飲むことによって、LDLコレステロールを低下させる効果や、NK細胞活性の上昇や血液中のインターロイキン2を増加させる効果が期待されています。
しかし、良い部分だけではなく、やはり悪い面もあるのです。
カリウム、ビタミンA、リンといったものが多く含まれており、糖尿病で人工透析を行っている患者にとっては健康状態を悪化させてしまうので飲む際には注意が必要である。
また、循環器系の疾患がある患者が服用している薬の効果を弱めてしまうことがあるので、ニューキノロン系抗菌剤の効果を阻害してしまうことがある。
さて本題である眠気についてお話したいと思いますが、青汁には眠気を覚ます効果があると言われています。
「目を覚ますのにはカフェインが含まれているコーヒー」と考える人も少ないかと思います。
胃があまり強くない方が眠気覚ましにコーヒーをたくさん飲むと胃が荒れてくることがあります。
そんな中で青汁というのは胃が強くなくてもたくさん飲めることができ、眠気覚ましを行うことができるのです。
しかし、飲みすぎてしまうと吐き気や下痢、便秘などといった症状を引き起こしてしまうことががあるので、飲み過ぎには注意しましょう。
またいつ飲めばいいのでしょうか。
それは「朝」です。
朝に飲むほうが体に吸収されやすいからです。
次に「昼」です。
昼食のあとに飲むと午後からの仕事もはかどることでしょう。
しかし、主成分である緑葉野菜はノンカフェインであるため、飲み物自体にはカフェインが含まれていません。
ごく稀に微量のカフェインが含まれることがあるかないかぐらいですので、「カフェインがなかったら目が覚めない」と思っている方にはもしかしたら不向きかもしれません。
自分の目を覚めさせるためには自分にあったものを見つけいていくのが一番良い方法と言えます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.