トップページ > すやっと青汁

意外な組み合わせ 〜青汁と納豆の共存〜

メリットとは青汁と聞いて連想されるのは、「苦い」、「まずい」、「年配の方が飲んでいる」といったイメージがある方が多く、私も以前はそう思っていました。
ところが、今の青汁はそうでもなく様々な工夫がされており、はちみつが入っているなど、飲みやすい青汁も数多くでてきております。
近年、コンビニエンスストアやスーパーなどでは野菜ジュースがたくさん売られているかと思います。
野菜ジュースは飲みやすい反面、ジュースに加工するため、高温殺菌を行うなどするため、野菜本来の栄養や食物繊維が十分に取れないことがあります。
しかし、野菜ジュースと違い、熱処理がなく、野菜本来の栄養が壊れないように作っており、栄養価の高い野菜の栄養がそのまま摂取できるところが青汁の最大のメリットです。
もちろん、野菜を購入してバランス良く食べているという方もいるかと思いますが、どうしても一日に取れる野菜を毎日摂取することは困難かと思います。
その点、常に安定した栄養を摂取することができ、調理もほとんど必要がないため、手間がかからずに飲もうと思った時にすぐ飲めるのが大きなメリットにもなります。
野菜のみであれば、食べたいと思っても調理に時間がかかるし、常にバランスよく摂取することはとても大変になります。
納豆と食べることで飲みやすくなり、栄養価もアップ飲みやすくなったとは言え、やはりジュースのようにはなかなかいかず、飲んでみたいけど、なかなか飲めないという方には納豆と一緒に食べることをおすすめします。
粉末タイプのであれば、直接かけてかき混ぜて食べるだけですので、メリットである、手間がかからないという点は問題ないですし、納豆の味の方が勝るので、味が苦手の方にはとても食べやすくなると思います。
また、納豆にはビタミンKといった骨を丈夫にする栄養素を初め、様々な栄養素が入っているため、より健康増進に役立つ組み合わせと思います。
実際に私も試して食べてみましたが、青臭さがきちんと残っており、お互いが喧嘩をすることがなく、両方が引き立ってとても美味しく頂けました。
また、ご飯の上にかけて簡単な朝ごはんにしてみるのもおすすめです。
朝からしっかり栄養を取り、一日の元気を作るために是非試してほしいと思います。
今まで私は朝起きて調子が悪いときは様々な栄養ドリンクを飲んでいましたが、栄養ドリンクに頼ることはなくなりましたし、栄養ドリンクではお腹は膨れないため、結局別の食べ物を食べていたので、費用も安くすみ、とてもメリットを感じております。

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.