トップページ > すやっと青汁

糖尿病予防するには健康補助食品の青汁です

現代の生活習慣病と言われている糖尿病とは、インスリンというホルモンの作用が低下しているため、体内に取り入れられた栄養素がうまく利用されずに血液中のブドウ糖が多くなってしまっている病気です。
症状は様々ですが、成人に多い糖尿病では多くの場合症状が無く始まります。
この病気には2種類のタイプがあります。
そのひとつがインスリン依存型と言われるもので、原因はウィルス感染や自己免疫により肝臓が破壊されていくことです。
若年でやせ型の人に多く発症する特徴があります。
この症状は全体の5%程とわずかですがインスリンが全くまったく体内から作られないためインスリン注射が必要となります。
そのためにインスリン依存型と呼ばれています。
もう一つはインスリン非依存型と言われるもので原因は体質の遺伝に食べ過ぎ、運動不足、ストレスが加わって発症します。
インスリン受容体と言われるインスリンが働く場所の機能の低下と言われています。
これは中年や肥満体型の人に多く発症します。
こちらは全体の95%程を占めるタイプです。
治療は食事療法や運動療法が主体となっています。
ここで登場するのが栄養バランスの取れた健康補助食品である青汁の登場です。
生活習慣病である糖尿病は恐ろしい病気です。
生活習慣の乱れや、食生活の乱れから発症するケースが多いですが、それを元に戻すのも難しいのも現実です。
たとえば食生活を見直す際に多く考えられるのが野菜不足です。
野菜をどれだけ食べれば良いのかということをご存知ない方も多くいらっしゃいます。
一日に必要な野菜の量は350〜400gだと言われています。
イメージし難い方がほとんどだと思いますが、野菜で中ザル一杯くらいの量です。
忙しい現代の日本人にはこの350〜400gの野菜を摂ることが非常に難しくなってきています。
摂取するのが難しい野菜をこの青汁一杯で、そのほとんどが補えてしまいます。
食事療法や予防のための食事制限をするストレスや、その野菜を買いに行く時間、その野菜を調理する時間など弊害は様々あります。
この弊害が継続することを難しくしてしまっています。
健康を簡単に手に入れることができ、さらにはそれほどコストもかけずに、お気軽に続けることができます。
糖尿病の予防改善だけでなく、他にも便秘の解消、ダイエットの補助食品、栄養補助食品など一緒にその効果が付いてきます。
体を健康にすることができると心も健康になってきます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.