トップページ > すやっと青汁

青汁を使って糖尿病の予防と緩和を

糖尿病には1型と2型があり、1型は膵臓が病気などによって正常にインスリンというホルモンを分泌できないことで発生します。
2型は食生活の乱れなどでインスリンの分泌に異常が出たり、細胞のインスリンへの反応が鈍くなることでおこります。
約95%が2型であり、食生活を改善すれば予防または改善できると言われています。
糖尿病自体では直接人体に症状を引き起こすことはありませんが、確率高く合併症がおこります。
その合併症は神経障害、網膜障害、腎臓疾患が3大合併症と言われていて、生命にもかかわる病気になります。
腎臓疾患によって尿が作成することができなくなると人工透析が始まります。
すると生きている間は透析を続けなければいけなくなり、日常生活に大きな負担となります。
血糖値が高い状態が続くと糖尿病になりますが、血糖値を下げる唯一の物質はインスリンです。
血糖値が高くなると膵臓からインスリンが分泌されて細胞が血液から栄養分である糖分を受け取り血糖値が下がります。
しかし、糖分が多い食事を続けるなどして常に血糖値が高い状態でいると、常にインスリンが分泌していて、細胞がインスリンになれてしまい血糖値が下がらなくなってしまいます。
青汁に豊富に含まれる食物繊維は腸内で他の物質よりずっとゆっくり動くので、ブドウ糖が吸収されるのをゆるやかにする効果があります。
これにより血糖値の急激な上昇を防ぐことができます。
血糖値が急激にあがるとインスリンの分泌が間に合わなくなります。
また必要以上にインスリンが分泌されて細胞の感度が下がってしまいます。
血糖値の上昇をゆるやかにすると血糖値とインスリンの分泌のピークをあわせることができます。
青汁には他にも亜鉛、ナイアシン、ビタミンB類が含まれていて、インスリンの合成を助ける成分も入っています。
糖尿病の予防や緩和を目的にするのであれば、原材料を選ぶとより効果的です。
明日葉にはカルコンというポリフェノールが含まれていて、抗酸化作用が非常に強い上、細胞にブドウ糖を結びつきやすくして、血糖値を下がる働きがあります。
他に有効な原材料は桑の葉もお勧めです。
桑の葉にはDNJという成分が含まれていて、DNJは糖質そのものがブドウ糖に分解されることを防ぎます。
ブドウ糖にならなければ人体に糖質は吸収されないので、血糖値の上昇を防ぐことができます。
ゴーヤはそのもの自体に植物性インスリンを含んでいるのでお勧めできる原材料のひとつです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.