トップページ > すやっと青汁

広く愛飲される青汁の定義をもっと知って効果を得る

日本では薬事法により勝手に効能を記載しることができず、効能を嘔うことのできる商品に関して表現が規制されています。
効果や効能を嘔える商品は治験などの検証を経て実際の効果や効能があることが確認され、医薬品や医薬部外品として厚生労働大臣の許可をとることが定義されています。
青汁は医薬品や医薬部外品ではなく健康食品ですので、法律上では効果・効能は嘔えません。
よって消費者が病気の治癒に対する過剰な期待を持って購入しないように、歯切れが悪く極めてあいまいな表現になっています。
青汁以外にもコラーゲンやヒアルロン酸など身体に良いと近年注目を集めている成分があります。
しかしながら、いずれも飲んだ際の効果に関しては実際のところ証明されていません。
いつ飲まなければいけないということはありませんが、空腹時または朝起きてから飲むのが一番良いタイミングとされ、吸収率が高くなるので成分がより効率よく取り込まれます。
食前に飲むことでお腹も膨らむので食べすぎを防ぐこともできます。
健康をより真剣に考える年配の方に支持されていますが、中高年だけではなく小さいお子さんから高齢者まで男女問わずに向いている健康食品です。
毎日適量を飲むことで健康な身体を作ることができます。
健康食品には栄養機能食品と特定保健用食品、一般食品の3種類があり、市販されている多くは栄養機能食品に部類されます。
栄養機能食品とは厚生労働大臣の許可が無くても含まれている栄養成分が基準値を満たせば栄養素を商品表示できます。
青汁はケールや大麦若葉、ゴーヤなどの栄養価の高い野菜の原材料を使用して作られます。
食物繊維やビタミン、ミネラルなど健康に効果があるとされる栄養素が多く含まれているので、これらの栄養素を補う効果のある食品とされています。
使用している原料が違えば栄養価にも差は出ますので、より効果を高めるには原料ごとの効果の比較が必要になります。
特定保健用食品はトクホとも呼ばれ、商品ごとに厚生労働省が許可を出す健康食品ですので、ある程度の効果・効能は表示することができますが、青汁で特定保健用食品の許可を得ている商品は多くありません。
栄養機能食品に比べ効果への信頼性が高い分、金額も上がります。
美容効果を目的とした女性向けの商品も多数販売されています。
もともと食物繊維が多く含まれダイエットにも効果があるとされていますが、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分も多数配合されています。
こちらも原料により美容素材に違いがでます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.