トップページ > すやっと青汁

青汁を使って通風を予防してみよう

通風は痛風とも書き、その名称通り風が吹いただけでも痛いといわれる病気です。
多くは足の指に激痛がおきます。
関節ではなく、尿道結石として症状が現れたり、腎臓障害や動脈硬化として現れることもあります。
痛風の診断は尿酸値ではかられます。
尿酸値が高くなると必ずしも痛風になる訳ではありませんが、その確率は正常値の人と比べると格段にあがります。
尿酸値が高い状態が続くと尿酸が結晶化し、関節などにたまって激痛を引き起こします。
尿酸はプリン体によって作られることは有名で、ビールや魚卵、エビ、カニ、レバーなどに多く含まれています。
プリン体は肝臓で尿酸に合成されて、通常は尿と一緒に排出されます。
健康な人でも尿酸はたまっていますが、排出が正常であれば問題がありません。
しかし、プリン体を大量摂取したなどで尿酸が排出できなくなると痛風予備軍の仲間入りとなります。
尿酸値を下げるにはプリン体の多い食品を控えて水分を多めにとり、尿酸を体外に排出することです。
尿酸の排出を手助けする成分にカリウムがあります。
カリウムは青汁の原料として使われる緑黄色野菜に豊富に含まれているので、続けて飲むことにより痛風の予防とすることができます。
カリウムは余分な水分を排出する働きがあり、ナトリウムと全く逆の性質があるため痛風だけでなく、高血圧の予防にも効果があります。
カリウムによって排尿をスムーズにして尿酸を体外に追い出します。
これも青汁に含まれるビタミンCに尿酸が混ざり、間接などから腎臓に運ぶフに使われます。
しかし、既に高尿酸値症になっている人はビタミンCを過剰摂取すると尿酸が急激に腎臓に集まってきて、腎機能障害を引き起こす可能性がありますので注意が必要です。
青汁自体には過剰摂取が危険なほどのビタミンCは含んでいませんが、より注意するためにはレモンを加えるとレモンに含まれるクエン酸によって尿がアルカリ性になります。
尿酸はアルカリ水溶液に溶けやすい性質があるので、尿酸の排出の手助けとなります。
また青汁には痛風に効果的な葉酸も含まれています。
葉酸はプリン体から尿酸に変換するときに使われる酵素の働きをにぶくして、さらに尿酸塩の結晶を溶かすダブルの効果を発揮します。
原材料の中で葉酸を豊富に含んでいるのはケールと明日葉です。
尿酸値を下げることを目的とするのであれば製品を選ぶときには原材料にケールや明日葉を使っているものを選ぶとよいでしょう。

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.