トップページ > すやっと青汁

年々増加すると思われる青汁の市場規模

青汁とは、緑葉野菜を搾った汁のことです。
液体で販売されていることもありますが、最近では、液体を粉末にしたパウダータイプが市場にはよく出回っているようです。
もともとは健康に対する関心が高い、健康マニアや九州地方の一部で愛飲されるマイナーな飲み物でした。
しかし、現在では多くの人が知っている飲み物となり、知らない人はいな「と言っても過言ではありません。
これは、1990年代にテレビで罰ゲームとして使用されたことにより、知名度が上がったからだと思われます。
なぜ罰ゲームで使われたのかというと、圧倒的なそのまずさからでした。
テレビで青汁を飲み、「まずい、まずい」と連呼する芸能人を見ていると、いつしかこわいものみたさで、青汁を飲んでみようと思った人も多いのだと思います。
また、その飲み物にはあるまじき緑色に興味を持ったのかもしれません。
しかし、きっかけは何であれ、健康価値の高いこの飲み物が幅広い年代、老若男女に健康飲料として認められるのに、そう時間はかかりませんでした。
もともと健康食品としては優秀な飲料だったので、興味本位のブレイクに終わらず、結局現在では、販売に携わる業者は右肩上がりに増え、年々その市場規模を拡大しています。
その市場規模を考えたとき、多くの人が飲んでいると思われますが、そのまずさ、飲みにくさをどのように解消しているのでしょうか。
私は、ミルクや豆乳にパウダータイプの青汁を入れ、そこにハチミツや砂糖をいれて甘くして飲んでいます。
時にはそれをシェイクすることもあり、そうすることで、まるで抹茶ミルクのようなコクを楽しむこともできます。
このように、工夫次第でいくらでもおいしく飲むことができるのですが、それを知らない人も多いと思います。
まずいと思いながら、でも健康のためにと、我慢して飲むことは、辛いことだと思います。
健康のためだからこそ、おいしく、そしてまた飲みたいなあと、思えるような飲み方を開発し伝えることが必要です。
市場規模が大きいということは、開発業者の勢力争いも激しいということです。
自社ブランドを選んでもらえるため、まずいだけではなく、おいしくも飲めますよ、こんな飲み方もできますよというPRが必要ではないでしょうか。
美味しく飲む方法を伝授することで、より多くの人に購入してもらうことができ、また多くの人が健康になるのであれば、こんなに嬉しいことはないはずです。
市場規模をますます大きくするためにも、各開発業者には頑張ってほしいと思います。

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.