トップページ > すやっと青汁

青汁を飲んで宿便を出すことで豊かな生活を

その昔、青汁が世間で知られはじめたころ、テレビでよく罰ゲームで飲むというのがありました。
当時はそれくらいひどい味だったのでしょう。
お笑いタレントが、一口飲んで顔をしかめて「うわーっ」「まずいーっ」と叫んでいたものでした。
青汁のコマーシャルでさえ、「うーん、まずい。
もう一杯」というものがありました。
味に関していえば、世間の認識はそういうものだったと思います。
これでは、健康によさそうだけど、毎日飲むのは難しいといえます。
ある種、薬のようなものだったのかもしれません。
しかしながら、ここ数年、テレビでみるとずいぶん印象が違ってきています。
「おいしい」「飲みやすい」というキーワードで語られることが増えているように思います。
「体によいけど、まずい」という世間に刷り込まれたイメージを一新するためだとは思いますが、実際のところ、ジュースに使う素材を変えるなどしてかつての味とは大きく変わっているのも事実です。
メーカーの努力のたまものといえるでしょう。
テレビ的には罰ゲームで使えなくなってしまい、新たなマズイ食品を探す必要に迫られているくらいです。
最近ではノニジュースなどがそのポジションについた印象があります。
青汁はビタミンやカリウムなどの栄養素が手軽に取れるという効能のほかに、繊維質が多いということがあります。
大麦、若葉、小松菜などの素材をいかした利点です。
人間は毎日、排便をしたとしても排出されずに体内に残ってしまう老廃物があるといわれています。
いわゆる宿便といわれているものです。
宿便がたまると腐敗し、毒物と腐敗臭を発生させるそうです。
毒物は腸管壁から吸収されて血管に入り、体中にいきわたってしまうといいます。
断食をして宿便を出すなどの方法もあるようですが、大変でキ。
それよりも毎日の排便習慣をつけ、運動で体を動かしたり、水分を十分に補給したり、繊維質の食品を多く食べたりすることで、なくすようにしたいものです。
その点、野菜ジュースなどは手軽に繊維質を取ることができて、大変効果的といえます。
なかでも青汁はその効果が高い食品として、期待できます。
充実した人生や生活を送るためには、いつまでも健康で暮らすことが基本となります。
水や食べ物など口にするものが体を作り、動かす基となるのは誰もがしっていることですが、つい忘れがちです。
自分や家族の健康を守るため、普段の食生活から十分に気をつけていきたいものです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.