トップページ > 粉末とサプリメントの違い

粉末とサプリメントの違い

青汁を探してみると、様々なタイプの青汁があることが分かります。
その主なタイプは、【粉末タイプ】【冷凍タイプ】【サプリメントタイプ】に分けられます。

製造方法の違いによってなにか違いがあるのでしょうか?

ここでは、それぞれの製造方法のメリットやデメリットをご紹介したいと思います。

まず、【粉末タイプ】の青汁についてです。

【粉末タイプ】の青汁は、青汁を探していると目にする機会が多いかと思います。
粉末タイプの青汁のメリットは、やはり、その手軽さ飲みやすい味のバランスでしょう。
粉末タイプの青汁場合、まとめて購入しても保管にあまり場所をとりませんし、
水に溶かすだけですから、会社などに持って行って飲むことも可能です。

味も飲みやすくなっているので、青汁の独特のクセが苦手・・・という方でも飲みやすいものがたくさん出ています。

気をつけなければならないのは、粉末青汁の中にも高温で処理されているものがあります。
青汁に含まれる栄養素に、ビタミン各種・ミネラル・酵素などがあるのですが、これらは熱に弱いのです。

つまり、製造過程で高温処理されている青汁は、その時点で栄養分が少なからず破壊されていることになります。

しかし、栄養素を考えて、高温処理などはせずに製造している青汁も勿論ありますので、 そう言った粉末青汁を選ぶと良いでしょう。

また、粉末青汁の場合、粉っぽさがあってのど越しが良くないという方も結構います。

【冷凍タイプ】の青汁は、まさにフレッシュです。
しぼりたての青汁をそのまま冷凍するので、本物の青汁が摂取できます。
多くの場合、一回分ごとに小分けとなっており、その都度解凍して飲用しますので、 鮮度が長く保たれます。
のど越しも良く、青汁の栄養素をより摂取することが可能です。

ただ、絞ったものをそのまま冷凍しているので、結構かさばります。
スペースが気になる方には、解凍後に水で薄める濃縮タイプもあります。

味は、粉末タイプのものよりも青汁の特徴が良く出ています
苦味やクセもそのまま伝わってくる感じなので、好きな人は好きですが、
苦手な人には抵抗が強いかもしれません。

【サプリメントタイプ】は、青汁の栄養素を錠剤やカプセル状に加工したものです。
青汁独特の匂いもせず味もしませんので、青汁のすべてがダメ!!という方には向いているでしょう。
しかし、青汁をサプリメントタイプに加工する際に添加物が使われていることがあります。
添加物が身体に良くないものであった場合、せっかく青汁のサプリを飲んでいても無駄になってしまうかもしれません。

以上のことを考慮して、自分が続けられそうな最適な青汁を探してみてください。

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.