トップページ > 妊娠中に飲んでも大丈夫?

妊娠中に飲んでも大丈夫?

青汁は健康維持にとても役立つ健康食品ですが、
色々とデリケートになる妊娠中でも飲んで良いのでしょうか?

お腹の赤ちゃんのためにも、自分のためにも、なるべく栄養を摂りたくなります。
青汁を飲んでも大丈夫とわかれば、大変心強いので気になるところですよね。

特に、妊婦さんが青汁を摂取しようと思う理由には【葉酸】の摂取が挙げられると思います。

【葉酸】が妊娠とどういう関係があるか、簡単に説明させて頂きます。

葉酸とは、ビタミンBの一種です。

数年前より、妊娠可能な女性に【葉酸】の摂取をするように厚生省から呼びかけが行われ、 母子手帳にも葉酸摂取についての記載がされるようになりました。

葉酸の摂取は、胎児の先天性な病気【二分脊椎】や【無脳症】といった神経管閉鎖障害のリスクを軽減する作用があると言われています。
神経管閉鎖障害のリスクを回避するために、妊娠の一ヶ月以上前から三ヶ月までのあいだに葉酸を摂取するように呼びかけられています。

現代では、食生活の欧米化から野菜の摂取が不足している方が非常に多く、
それに伴って葉酸が不足しているということが充分に考えられるでしょう。

青汁には【葉酸】を豊富に含んだ原料が使われていますので、
葉酸の摂取にはうってつけとなります。

しかし、【葉酸】の過剰摂取には注意しなくてはなりません。
葉酸の摂取量は、【1日 1mg以下】です。
これを超えないように十分注意しましょう。
もし、過剰摂取してしまった場合、妊婦さんが発熱したり、胎児が喘息になるなどの可能性があります。

青汁などの健康補助食品は、栄養素の吸収率が高いため、一日の摂取量には気をつけましょう。

逆に言えば、一日の摂取量に気をつけていれば、非常に効率的に栄養素を摂取できるのが青汁です。

基本的には青汁は妊婦さんにとって強い味方となります。
健康的な状態の妊婦さんであれば、飲んだほうが良いくらいです。

しかし、妊娠中は体質が変わったり、非常にデリケートになったりしますので、
まずはお医者さんに聞いてから青汁の使用を考えましょう。

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.