トップページ > 青汁はあくまで補助食品

青汁はあくまで補助食品

青汁には、豊富な栄養分が含まれ、使われている原料の野菜も豊富です。(製品により異なります。)

青汁は確かに健康維持に効果が期待できますので、青汁を飲んでいれば野菜を食べなくてもいいんじゃないか? と思ってしまう方も多いでしょう。
青汁には豊富な食物繊維・ビタミン・ミネラルが含まれていることが特徴です。

しかし、私たちの身体は、様々な栄養素をバランスよく摂取することで健康を保つことが出来るのです。
栄養素は、青汁で得られるものが全てではありませんし、 生の新鮮な野菜を摂取することでしか得られない栄養素も当然あるでしょう。

つまり、結論から言うと、新鮮な野菜も食べなくてはいけません。

ただ、野菜嫌いの方ってやっぱり多いですよね?

食生活の欧米化が進んだ現代日本では、野菜の摂取量が減り、肉の摂取量が急激に増えています。
お肉は美味しいと感じやすく、口当たりもよくどんどん進むこともよく分かります。

しかし、野菜もきちんと食べて、バランスよく摂取することでお肉のもつ栄養素も摂ることが出来るのです。

野菜嫌いといっても、野菜は全然食べられない!といった方は少ないと思います。
野菜嫌いといっても、トマトは好き!とか、キャベツは好き!など好物の野菜もあるでしょう。

比較的食べられる物は野菜を摂取して、足りない部分を青汁で補うというのが青汁の本来のあり方です。

野菜を全く食べないよりは、青汁だけでも飲んでいたほうがマシですが、
青汁は栄養を補助するという性質ですので、それでは本来の効果を発揮できないでしょう。

野菜を食べているつもりでも、実際は全然足りていないことが多いので、
足りない栄養素を補助して健康維持・美容維持に役立てるというように青汁を役立てると一番効果を実感できるでしょう。

青汁を日常的に飲むことで、野菜の味に慣れたり、健康的な身体・味覚に改善されて野菜を食べられるようになるかもしれません。

野菜嫌いな方は、野菜をなるべく食べることを意識して青汁を飲むと良いかもしれません。
       

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.