トップページ > 長年悩んだ冷え症が青汁で良くなった

長年悩んだ冷え症が青汁で良くなった

若い頃は足に熱を持って寝苦しいほどでした。
30歳を過ぎた頃、ちょっと体調を崩して薬を長期間服用したら、体質が変わってしまったのか、すごく痩せて、ご飯と肉類をあまり食べなくなってしまいました。
でも、野菜がすごく好きになったので、体にはいいのだろうと前向きに捉えていました。
ところが1年くらいたったとき、いつも布団から出していたつま先が冷たくて痛い。
布団の中でなかなか暖まらない。
あれ?私冷え症になってしまったのか?それからその冬は日中も冷えてしまい、あったか靴下やら、ブーツやらいろいろ購入しました。
初めての冷え症に戸惑ってどうしていいかわからずにいると、冷え症歴30年という叔母から連絡をもらいました。
叔母も野菜好きで体にいいと言われる物を好んで食していたんだそうです。
ところが、公民館でやるスポーツ教室にて、講師に「ただ食べているだけでは体に十分摂取されているとは言えない。
体に浸透させるような摂取の仕方にしないといけない。
食べ方や摂取方法を変えれば、関節痛だって軽くなったりする」と教えてもらったのだそうです。
そこで思いついたのが「野菜ジュース」。
生野菜は思ったより栄養素を摂取出来ない、火を通せば壊れてしまう栄養素もある。
というわけで、栄養をそのままにたくさん上手に摂取出来ると言えば、飲み物!と早速作ってみたのです。
世間で言われているような体にいい野菜類。
もともと自分は野菜好きだから、ある程度の味なら大丈夫、と張り切って作った野菜ジュースがなんと、マズイ!びっくりする味だったそうです。
これは無理、どうしよう。
と思っていたら近所の人が「青汁いいよ」って教えてくれたのです。
そこで早速青汁を買って飲んでみました。
これが、美味しい!ゴクゴク飲めるし、水分補給にもいい。
体質改善の事などすっかり忘れて美味しい青汁を毎日毎日飲んだんだそうです。
半年たって、冬真っ盛りに時、ふと「あれ?私、足先が痛くない。
冷たくない」と気づいた。
そう、冷え症が治っていたのです。
もちろん、その話を最初から鵜呑みにしたわけではありません。
青汁だけでこんなに痛くて辛い冷えが良くなるなんて、半信半疑でした。
でも、もう自分には辛過ぎて何かにすがるしかなく、「叔母のように効果が出てくれ!」と願いながら買って飲んでみました。
飲み口は本当に美味しく、さっぱりしていました。
青臭いイメージは全くなく、市販の野菜ジュースの方が野菜っぽく思うくらいでした。
飲み口が良かったし、元々水分を取る方だったので、水筒などに入れて持ち歩きヒマさえあれば飲んでいました。
そして迎えた冬です。
いつもどおり、厚い靴下にブーツ、タイツなど準備万端にしました。
それが、ん?なんか熱いな、と思うのです。
一枚脱いでもいいかなと。
その日は気温が非常に低く、今までの自分では生活に支障をきたすくらいでした。
でも、一枚脱ぎました。
明日も履かなくていいかな、靴下もう少し薄手でもいいかな。
と。
そう、私も成功したのです。
体質改善。
それまでの痛みが嘘のようで、苦手だった冬を楽しく過ごせている毎日に感謝しています。
本当、摂取の仕方一つで全く変わるのだと、すごく勉強になりました。

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.