トップページ > 大麦若葉の特徴とは?

大麦若葉の特徴とは?

サンプルイメージ

大麦若葉と言えば、青汁の原料として目にすることが多いですよね。

大麦若葉というのは、その名の通り、大麦が穂を付ける前の大麦の若葉のことです。

若葉といえば、これから成長するための栄養がギュッとつまっていそうなイメージがわくのですが、
実際に大麦若葉にはどのような特徴があるのでしょうか?

皆さんは大麦の育て方をご存知でしょうか?

大麦は、収穫までの過程で何度も【麦踏み】という工程を繰り返します。
文字通り、生えてきた麦を踏むという作業です。
一見痛めつけているだけのように思えますが、麦踏みを行うことで大麦は更に強くたくましく育つのです。

このことから、大麦の持つ強い生命力と栄養価をイメージしていただけるかと思います。

そんな大麦若葉が持つ具体的な栄養価は、
ビタミン各種・クロロフィル・葉酸・ミネラル・カテキン・SOD酵素・食物繊維などが挙げられます。

気になる効果をいくつかご説明いたします。、

SOD酵素は、老化の原因や身体に良くない影響があると言われている活性酸素を無力化する働きがあります。

葉酸は、水溶性ビタミンB群の一種です。葉酸を摂ることで、口内炎・悪性貧血・食欲不振などの不調に効果が期待できます。
また、妊娠中の方が葉酸不足になると、胎児に神経障害が起こりやすくなることから、妊婦さんには不可欠な栄養素と言えます。

食物繊維は、みなさんご存知のとおり、腸の正常な活動に大きく関わっています。
腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を抑制するという働きを持っており、健康にも美容にも欠かせない栄養素です。

カテキンは、血中コレステロールを低下させる働きや、活性酸素を抑制する抗酸化作用があると言われています。

上記は大麦若葉の持つ栄養価のほんの一部ですが、これを見ただけでも【身体に良い!】ということがお分かりいただけるかと思います。

特出すべきは、【抗酸化作用】をもつ栄養価が豊富に含まれていることでしょう。

若さを保ち、健康的な生活を送りたいと思う人がほとんどでしょう。

大麦若葉には、健康維持を可能にする成分が多く含まれていることから青汁の原料として使われることが多いのでしょう。

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.