トップページ > 国産の野菜を使った青汁の効果

国産の野菜を使った青汁の効果

国産のケールや大麦若葉や明日葉などはこだわりの無農薬化学肥料を使わないなどのこだわりが多いことで有名です。
現地の県名は勿論、土の性質を生かした栽培や、契約農家栽培のものまであります。

確かに一般的に、ケールや大麦若葉や明日葉などが普通の野菜として出回ることは日本ではあまりありません。
契約して栽培する方が、確実ともいえるかもしれません。
また契約するからこそ、会社のこだわりを伝えることもできるといえます。
「グリーンハウス株式会社」はそういうこだわりをもったケールを栽培し、使用することにこだわっているといってもいいでしょう。

そしてレモンの青汁は、ケールだけの青汁を飲みやすくしてくれます。
子供でも飲めるというのは嬉しいですね。
しかも毎日飲む物ですから、無農薬なのは大変に体にとっても喜ばしいことです。
健康目的で青汁を飲んでいるというのに、毎日農薬も体に入っているのでは洒落にもなりません。

最近では、無農薬の食べ物などはある意味野菜のブランドです。
毎日飲む青汁にくらいは、求めてもいいのではないでしょうか。
青汁を毎日飲まないといけないのは、それだけ現代人の野菜不足や栄養不足が原因です。

しかも人間には溜めておけない栄養素があり、毎日摂取しなければ意味がなくなってしまいます。
しかし一日に一、二杯の青汁を飲むことを続ければ問題はありません。
だったら同じ摂取するにしても、こだわった無農薬の国産の野菜を使った青汁を飲む方がいいのではないでしょうか。

ケールをつかった青汁は、100%ケールの青汁を出している物があまりありません。
また大麦若葉や明日葉などを使った青汁は、他の野菜や栄養素と混ざっている青汁が多いです。
その為使用する時は、加えられている他のものの産地も、確かめてみるのもいいかもしれません。
またケールや大麦若葉と抹茶とか、といった主原料になる野菜の国産組み合わせは多いです。
ある意味ケールだけよりは、飲みやすいのはレモンの青汁と同じですね。

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.