トップページ > 青汁を自宅で作る方法

青汁を自宅で作る方法

体に良い青汁は、今では『まずい!もう1杯!』だけではありません。
お子さままで飲みやすいような味のものなど、たくさんの種類が販売されています。

実はそんな青汁は、自宅で簡単に作ることができるのを知っていますか?
ご自宅にジューサーがあればとっても簡単お手軽に、またジューサーがなくても作ることは可能です。
青汁の材料は、原則として緑色の野菜であればなんでも青汁として作ることは可能です。
可能であればケールがやはりベストですが、大根の葉や小松菜やパセリやブロッコリーの葉なども良いでしょう。
手間を考えても自作の青汁を作ろうと思うのであれば、無農薬のものや有機栽培の野菜を探すまでこだわってみるのも楽しいかもしれません。

緑の野菜は、ほとんどなんでも青汁を作る材料として使用することはできます。
しかし、使わないようにするべき野菜も実はあります。
ほうれん草やモロヘイヤはやめておきましょう。
生で多量に摂取すると、腎臓結石などになる可能性のあるシュウ酸が多く含まれているからです。
おひたしなど、一度お湯に通すなどすれば何の問題もありません。

また、緑の野菜だけではやはり飲みにくさはあります。
飲みやすくするためにとレモン汁を混ぜたりするのも良いです。
ニンジンやリンゴを混ぜてしまうと、ビタミンCが破壊されてしまいますので気をつけてください。

作り方では、材料を綺麗に洗うことが大切になってきます。
綺麗に洗った材料をジューサーにかけていきますが、この時二度ジューサーにかけることがポイントとなっていきます。
一度ジューサーをかけたら野菜の汁を捨て、もう一度ジューサーをかけます。
二度ジューサーにかけることによって、野菜の有効成分を逃がさずしっかりと摂ることができます。

また、ジューサーの代わりとしてすり鉢で行なうことも可能です。
しっかりペースト状になるまですり鉢ですることができたら、ガーゼなどで汁を絞れば完成です。
すり鉢の方が力は使いますが、一人分などの少量を作る際にはすり鉢の方が適しているかもしれません。

保存を考えて作った場合、保存方法としては蓋がきちんとできる容器で、冷蔵保存するようにします。
ですが、ビタミンCなど時間の経過と共に壊れやすい栄養素もあります。
作りたて、もしくは早めに飲むことをお奨めします。

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.