トップページ > 野菜ジュースと青汁

野菜ジュースとはちょっと違う青汁

野菜不足を補うために飲む青汁は、野菜ジュースとどこが違うのでしょう。
野菜ジュースの場合は、ジュースに加工するという工程で野菜を高温殺菌してしまいます
それにより熱に弱いビタミン類などが少なくなってしまうので、栄養価もかなり減少してしまいます
また絞った野菜汁をジュースにしますので、絞りカスは使いません。
絞りカスは食物繊維の凝縮されたようなものですので、せっかくの大切な栄養素を捨てることになってしまいます。
また飲みやすくするために糖分もたくさん含まれています。
野菜不足の代わりとしての役割はないとはいいませんが、かなり落ちるといえるでしょう。

青汁の場合は、こちらも加工する過程で栄養素が失われることがないとはいえません。
しかし熱処理や味付けなどはなく、野菜の栄養素をそのままに作られています。

主原料にはじめから栄養価の高い野菜であるケールや明日葉、大麦若葉などが使われることも多く食物繊維も含まれています。
野菜ジュースは野菜をベースにした言葉通りの飲みやすいジュースであり、青汁は野菜の栄養素をそのまま摂ることができる飲み物です。

例えば「根菜青汁」などは「日本山人参(イヌトウキ)」などというものを除いて考えてみましょう。
大麦若葉にしょうがにごぼうにれんこんと、本当に普段から食べる野菜がそのまま一杯の飲み物になっています。
味も今では、飲みやすいお茶のような風味のものが多いです。

勿論野菜ジュースのような甘さはありませんが、もともとジュースという概念から青汁は外れています。
甘さはあまり求めずに、自分が飲みやすいものを探さなくてはいけないほどです。
そこも、誰もがすんなりと飲める野菜ジュースとは違いますね。

また青汁には、毎日飲むことで効果を発揮するダイエット効果や美肌効果などがあります。
逆に糖分の甘さは、不要と思う人も多いのです。
野菜ジュースは野菜が入ったジュースで、青汁は野菜の栄養素を生かす健康補助を務める飲み物といえます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.