私たちは、自然に優しい生活を応援します。

青汁サイトへようこそ青汁の効果や、お勧め青汁などを紹介しています。

ケールの特徴とは?

サンプルイメージ

青汁にもっともよく使われる原料である【ケール】青汁を探している方はよく目にする野菜だと思います。

なぜ、青汁にはケールが使われるのでしょうか?
それは、ケールの特徴を知れば納得していただけるでしょう。

ケールは、キャベツの一種なのですが、通年栽培できる非常に生命力の高い野菜です。

その生命力の高さからわかるように、ケールの持つ栄養価は群を抜いて高いものなのです。
また、通年栽培できるということからも青汁の原料には最適です。

ケールの持つ栄養価は、各種ミネラル・カルシウム・クロロフィル・食物繊維・GABA・葉酸・ルテインなど・・・ 非常に多岐に渡ります。

特に、ケールにはルテインが多く含まれています。

ルテインとは、カロテノイドという色素の一種で、抗酸化作用があります。

私たちの身体は、活性酸素によって老化や健康に良くない影響を及ぼすことをご存知でしょうか?
その活性酸素を抑制する作用を抗酸化作用といいます。

特に私たちの目は、パソコン・テレビなどから発せられるブルーライトや、紫外線によって特に活性酸素の攻撃にさらされています。
これにより、視力の低下や白内障・加齢黄斑変性という失明に繋がりかねない病気にかかりやすくなります。

ケールに多く含まれるルテインの抗酸化作用によって、このような危険から目を守ることが可能です。

ルテイン以外の栄養価も、ほかの野菜より多く含んでいるものが沢山あります。

ビタミンAは人参の2倍、ビタミンCはみかんの約2倍、カルシウムは牛乳の2倍以上という素晴らしい栄養価を持った野菜なのです。

「いつまでも健康を維持したい。」
「若々しくなりたい。」
「美容のために役立てたい。」


という効果を期待して青汁を探している方にはオススメの原料です。

ケールを野菜として食べるにはちょっと独特な味が気になる・・・という方も多いと思います。
最近の青汁は非常に飲みやすく改良されていますので、ケールの摂取したい方にはうってつけではないでしょうか?

ページトップへ戻る
Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.