私たちは、自然に優しい生活を応援します。

解説サイトへようこそ青汁の効果や、お勧めの商品などを紹介しています。

なぜ飲みやすさで比較するの??

青汁を毎日飲むことで野菜不足解消だけではなく、普段の食事だけでは中々とれない栄養素も簡単に摂ることができます。

しかし、その栄養素も毎日続けなければ意味がありません。

毎日の習慣には飲み続けられる味や飲みやすさが重要です。

ページトップへ戻る

飲みやすさ比較表はこちら!!

選ぶポイントに、もちろんは欠かせません!
飲み心地と味のポイントを記載していますので参考にして下さい。

商品名 通常価格(送料) 飲み心地 味のポイント 詳 細
極の青汁
3,600円
+税
(送料無料)
日本茶風味 宇治産煎茶と愛知産抹茶を使用しているので上品でほんのり甘い。
また、体内に吸収され易いポリフェノールである独自開発の「ケルセチンプラス」を含んでいるため値段が高くても最高の青汁を求める人はコレを選ぶべきでしょう。
詳細
ふるさと青汁
3,420円
+税
明日葉が主原料なのでサッパリ 本場八丈島産の明日葉をたっぷり配合。桑の葉や大麦若葉なども配合されています。初回は14包のサンプルプレゼント付きなのでとってもお得です。 詳細
ファンケルの本搾り青汁ベーシック
500円
(送料無料)
ケールの風味 主な原材料としてケールが配合されています。その為、飲み口には少しクセがあります。高品質なケールを使用しているので、そこまで苦みは気になりませんが、それでもエグみが少々気になります。 詳細
※WEBで購入した方限定です。
ページトップへ戻る

味は何で決まるの?

様々な種類が出ていますが、その味には結構差があるようです。
この味の違いは、一体どのような違いによって生じるのでしょうか?

一番大きな理由は、原料です。
青汁には商品によって様々な原料が使用されていますが、
主な原料は3つに分けることができます。
【ケール】【大麦若葉】【明日葉】の3種類です。

この主原料に何が使われているかということは、味を左右する大きな決め手となります。

それぞれの原料の味の特徴を簡単に説明しますと、
【ケール】
苦味が強く、独特のクセがある。

【大麦若葉】
苦味が弱く、クセも少ない。青汁が苦手でも飲みやすい

【明日葉】
苦味が弱く、クセもあまりない。比較的飲みやすい

といった感じです。

ケールはとても栄養価が高い野菜で、その生命力の強さから通年栽培ができることからも、 原料として利用されることが非常に多いです。
しかし、その苦味とクセを苦手とする方は多いようですね。

しかし、主原料の持つクセをほかの原料で飲みやすくカバーしている商品も多くあります。

また、味は季節によっても変わるようです。

通年栽培できる野菜でも、その収穫の季節によって味が変わります。
例えば、春から秋にかけて収穫されたケールは苦味やクセが強く、葉も濃い緑色なのに対して、 冬に収穫されたケールは甘く、葉の色が薄かったりという変化が見られます。

このように、様々な要因によって味には変化が見られるのですが、
自分でアレンジを加えて味の変化を楽しむこともできます。

ネットで少し検索してるだけでも、青汁の様々なアレンジ方法を見つけることができます。
牛乳を加えて味や風味をまろやかにしてみたり、ヨーグルトに混ぜてさっぱりと食べてみたり、 はちみつの自然な甘味で飲みやすくしたり、と実に様々です。

毎日同じ飲み方ではなく、バリエーションが豊富にあるのは嬉しいですよね。

それぞれの商品の公式サイトでも色々なアレンジ方法が載っていますので、
参考にしてみると良いでしょう。

Copyright(C) あおじる比較 All Rights Reserved.